忍者ブログ

感想:『ラッシュライフ』


『ラッシュライフ』(著:伊坂幸太郎 、新潮文庫)


 複雑ではないが、場面の切り替わりが楽しい偶像劇。
 人生は無数の干渉によって織りなされているという当たり前のことが楽しい一冊。
 十人十色、それぞれの立場や考え方が丁寧に描かれているので、気持ちを切り替えるときに最適だろう。
 古い作品を中心に読んでいて気付かなかったが、単純に娯楽性をもとめるなら、舞台となる時空間の共通認識が十分とれた近年の作品を読むのが良いようだ。
 因みに、気になって映画版も視聴してみたが肝心の部分が改変されていて展開が腑に落ちないものとなってしまっていた。映像作品は時間の制約があるとはいえ、何故劣化させたがるのか。
PR