忍者ブログ

感想:江戸川乱歩 諸作品


最近は読書時間を長く取れてないので、休憩時間に青空文庫で短編をちまちま読む日々。
何となく、江戸川乱歩の諸作品の雑感でも。

押絵と旅する男
心理試験
D坂の殺人事件
二銭銅貨
人間椅子



 総じて、物語の肝は上手く考えているのに、風呂敷をたたみ方までは拘らず、作品に娯楽小説以上の価値を持たせようとはしていない印象を受けた。
 また、『心理試験』と『D坂の殺人事件』は短編だからこそ、所謂「後出しジャンケン」に頼らざるを得なかった要素もあったのかもしれないが、推理しながら読み進める読者にとっては納得し難いまとめ方だと感じた。
 私自身推理小説を書いた経験はないが、定石として有名である「ヴァン・ダインの二十則」「ノックスの十戒」を守るというのはそれほど難しいのだろうか。

 余談。最近というわけでもないけれど、一つのジャンルとして流行っているらしい超能力を使った捜査を前提としたミステリーは、卑怯な感じがして個人的に食指が動かないジャンルの一つ。
PR