忍者ブログ

感想:『夢判断』


『夢判断』(著:阿刀田高、新潮文庫)


■ 収録作品
・「あの人をころして」
・「柳の下のジンクス」
・「銀座の恋の物語」
・「密の匂い」
・「ベター・ハーフ」
・「殺意」
・「海が呼ぶ」
・「凶事」
・「自殺クラブ」
・「紅白梅の女」
・「演技」
・「夢判断」
・「干魚と漏電」
・「勝ち馬情報」

 ミステリーまたはオカルト寄りの作品が主な短編集。
 起承転までの流れは簡潔に、結の部分で意外な展開に持ち込むのが基本形。
 「あの人を殺して」や「干魚と漏電」はミステリーとしてトリック、解決までの流れがユニークで面白かった。一方、「夢判断」の「赤い夢を見ると夢の内容に応じた凶事が起こる」という法則など、オカルト系の話は超能力や霊的な力による法則(またはただの偶然)を主題にしている作品が多く、短編という形式も相まって説得力不足の感が強い印象。
PR